広告


募金献金ボランティア

おぎゃー献金

クリックで救える命がある。

筋肉が骨に変わる病気、FOP

そうたろうを救う会

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


ふたごっち

ひなゆう草子

私の宝物 ~我が家のお姫様~

発達臨床庵 moody cafe(週末競馬blog)

児童精神科医NINAの休憩室

猪突猛進

Still, Life goes on.

車椅子日和

2人育てたり1人思い出したり
定型発達児長女、発達遅滞児長男、どうやら凡人の次男、臨床心理士の千尋。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

財布を無くした夢を見ました。

銀行からお金をおろして
すこし財布が豊かだったのですよ。
といっても、諭吉が入ってる!ってだけですが。

でも、それが私には大金すぎたようで
夢の中で財布を無くしました。

すんごいショックで
なんで寄りによってこんな時に とか
カード止めなきゃ とか
かなり落ち込みました。

とってもリアルな夢だったので
起きて財布見ても意味わからなかったくらい。

その夢のせいで熟睡できなくて
今妙な疲労感があるのですが
なんて無意味な疲労感…。

虚しいっす。
スポンサーサイト
まるさんかくしかく
夕飯を作っていたら、次男が台所に侵入。
私の手を取り、歌を歌いながら居間に誘導。
「おてて~つないで~」

おお歌う場面合ってるよ。
育ったねぇ。
でも、お母さん今ご飯作ってるの。

ってわけで、次男だけ居間に押し込みベビーゲートをがっちゃん。
台所にUターン。
次男大泣き。

ベビーゲートをガチャガチャしながら
「ばりゅ~(まる)!たんかく~(さんかく)!てぃかく~(しかく)!」
「ば~りゅ~!」
「たんかくぅぅぅ~!」
「てぃ~かく~!」

最近積み木ラブだからね、
まるとさんかくとしかくが大好きでね、
上手に言えるようになったんだけどね、

…ちょっと、使い方違うかなぁ。

次男まだまだ、成長の余地たっぷり残してますな。
湯たんぽの季節
長女が寝るのに湯たんぽが間に合いませんでした。
湯を入れて持っていってあげるから先に寝るように言いました。

長女「湯たんぽ足元においてね!」
長女「ぱ○つ見てもいいからちゃんと足元に入れてね!」

…いつからあなたのパジャマは
スケスケになったのですか?
ズボン越しにぱん○なんて見えませんが。
つか、あなたの○んつなんて別に見たくありませんが。

しかし成長しましたねぇ。
ついこないだまで園児だったのに
こんな生意気言うんだもんなぁ。

思春期のくそガキぶりが、いまから楽しみです。
11月23日
長男が元気だった最後の日。
暖かい一日だった。

24日の朝熱を出して入院した。
25日の朝、持ち直したように見えた。
でもその晩は一晩中苦しんでいた。
26日の朝、心臓が止まった。

私は死ぬことが怖くなくなった。
だって自分が死んだ後は
もう大切な人に先立たれたりしないですむじゃん。
そんな素敵なこと、ないよ。

体丈夫だし長生きの家系だし
当分それは手には入らないのだろうけれど
結構楽しみにしてるんだ。
私の心臓が止まるその日。

それは、何月何日なるんだろうね。
愛しい酎ハイ
今日出席していた研修会で
新型インフルエンザの話になり
患者が出たら戒厳令なのではとか色々
果たして私は仕事休めるのか?無理じゃねか?とか
あれこれ考えたりしながら

「地震の備えで食料3日分って言ってたのが、最近は
新型インフルに備えて2週間分とか言いますねー」
なんて話になり、
そこに阪神大震災の被災者な人なんかもいて

「ああ、その日私は朝まで飲んでて
 駅に向かうサラリーマンと逆に歩きながら家に帰って
 寝て起きて二日酔いだ・・・と思いながらテレビ見てたら地震のニュースやってた」

とかカミングアウトしてしまいました。

その後も、なんだったか忘れたけれど何かの話になり
やっぱりその時酔っぱらっていたことを思い出したり

えっと、なんだか基本的に若い頃はいつでも酔っぱらっていたらしい
今はそんなでもない千尋でございますが。

そんな訳で、自分のコントロール失わない程度に酔っぱらうのは好きです。
でも、真ののんべさんではないので、酒らしい酒は苦手です。
ウイスキーだったらバーボンよりスコッチ、
ブランデーは甘くて飲みやすいよね、
でもやっぱり、カクテルかチューハイかワイン。
そうでなければ、果実酒。

そんな私でありますので、現在晩酌は安缶チューハイです。

誕生日とか、そういう特別な時は、盛大に贅沢してチョーヤの梅酒。200円近くします。
または、他の普段買わない美味しいチューハイ。160円くらいする。
普段の、ちょっと贅沢したい気分の時は128円とかしちゃうやや高いチューハイ。
ホントに何もない日常は、108円のチューハイ。
ホントに何もないけど我が儘気分な日常は、118円のチューハイ。

そんな私、本日98円のチューハイを発見し、即購入。
ウキウキ気分でぷしゅっと開けました。






・・・・まずい・・・・・。




いや、まぁ、おいしいと思って買ってないですよ。98円ですから。
しかしなんですかこれは。
消毒用アルコールにレモン垂らしたような味です。
酷すぎます。

とても飲み続けられずに残しました。





数時間後。
なぜか平気で飲み干す私。
きっと、味見のアルコールで酔っぱらったのよ、
私弱いから。


いやぁ。
ま、なんですか、あれですね。
安くて酔っぱらえて、まぁ、消毒用アルコールでしたけど、
まぁ良しでしょう。うん。うん。

でも、もう買いません。108円を下限にしたいと思います。
では、おやすみなさい。
今日猿、何しでかした?
帰ってくるなりそれってどうよ、夫。
しかもニコニコしながら。

そして日々「しでかす」ことを期待され
ちゃんと期待に応えてるってのもどうよ、次男。

ある日の連絡帳。
「今日はみんなで紙芝居を見たんだけど、
“オレは遊びたい~”とホールのオモチャで遊んだよ。
その後にボランティアの方々が歌を歌ってくれ…でも~“オレはちがうので遊ぶんだ~”と、
跳び箱に小さい体ながらよじ登ってました。」

別の日の連絡帳
「一匹狼の次男くんは、お友達の様子に目もくれず、
一人でも全く違う方向に行ってしまいます。
滑り台を滑っていると、大きいお友達が来て一緒に滑り始めました。
大盛り上がりだったよ。」

えと…
「この猿協調性なさすぎ!」というイヤミは
混じってない…ですよね?
猿は笑ってごまかす才能には長けてるし。

本気で心配になってくる、今日この頃の母でした。
体質は爬虫類
日頃猿(=哺乳類)呼ばわりしてますが。
次男は爬虫類体質です。

夏になると、平熱が37.5℃な感じ。
気温が上がれば体温も上がり、38℃近くても健康だったりします。

冬になると・・・ええそうです。
今日などえっらいこと冷えこみましてねぇ。
おかげさまで体温は、36.1℃でした。
保育園の先生に「体温低いねー」と言われました。
「猿だけど、体質はカエルなのー」と返す母。

あ、保育園の教室床暖房なんですよね。
そこでお昼寝するから、昼寝開けはしばしば発熱状態です。
元気いっぱい走り回ってるけど、一応38℃だよとかそんな感じ。

先生ももう慣れたもので、体温高くても元気なら親を呼んだりいたしません。



長男も、そうだったよなぁ。
夏のお散歩は、冷えピタ枕をベビカに仕込んで出かけたし
一日エアコン漬けにしてました。
次男と違って、体温が上がると不機嫌でどうしようもなかったけど。

こんな爬虫類体質を、
すこぉし、兄弟の絆の証しみたいに感じたりして
嬉しくなっちゃう母なのでした。
世界の家
世界にはいろんな住居がありますよね。
遊牧民のテントやら
茅葺きやら
ログハウスやら
石造りやら。

そういう、世界の家を新旧いろいろ載せだ本を
長女とふたりでパラパラ見ていました。

「わー!このおうち、素敵!」
「三匹の子豚の、一匹目の家みたいだね」
「狼がきてふぅふぅ吹いたら飛んじゃうかもよ」

「この家きれい」
「三匹の子豚の三匹目の家みたい」

「この家三匹の子豚の二匹目の…」

小学生にかかると
世界の伝統も建築家の汗と涙の結晶も
一つのこらず三匹の子豚。

子供って厳しい。
芸が細かい
荻野次男くん、と呼ぶと返事をするうちの猿。
(もちろん荻野お猿くんでも反応する)

ハンパなく芸が細かいことが発覚しました。

荻野次男くん、とささやくと
「はぁい」とささやき小さく手を挙げ
荻野次男くん、と叫ぶと
「はぁい」と叫びしっかり手を挙げ
荻野次男くん、と元気よく呼べば
「はぁい」と元気よく答え
荻野次男くん、と笑いながら呼べば
「はぁい」と笑いながら答え、
荻野次男くん(以下略)

…サービス精神あるなぁ。

そんな彼、
ちょっと前まで頭を押さえて「ぁたま~」と言えてました。
でもやっぱり難しかったみたいで
今は、頭を押さえて「たんまんまん」と言います。

我が家にたんまんまん増殖中。
物価高
ちょっと奥さん聞いてくださる?

最近、愛用のマーガリンやらなにやら
やけに値上がりするなぁとは思っていたのよ。

今日、ひさしぶりに胡麻勝ったの。
いつもPBの、200g165円のヤツって決めてるの。

手に取ったらやけに軽いのよ。


140g165円になってた!!!




いやん・・・・
これから、胡麻和えは高級品だわ。

ちょっとショックから立ち直れないまま
とりあえず、寝ます。おやすみなさい。
狭い背中で語る猿
近頃の猿、足を蹴り上げる訓練に余念がありません。
母までつきあわされてます。
もうさ、格闘技習うか?1歳だけど。

保育園ではその成果を発揮して、ボールやらなにやら
蹴りまくってます。
お友達蹴らないでね、お願いだから。


さて、そんな猿が歩くのを後ろから見ていて
彼が腰から歩いてることに気づきました。

やけに幼児離れした猿ぶりを見せると思ったら、
足だけじゃなくて
お尻を交互に動かすように歩いてた。

履きなれないハイヒールはいた若い子よりは
多分かなり歩くのうまい。
階段も、いちいち足を揃えないで登るしね。


逃げ足早いわけだ…。




それでも未だ、
近所の公園の昔ながらの滑り台は
怖くて滑れない、意気地なしなお猿でありました。



あ。ズボンは部屋で脱いではいけないそうです。
トイレで脱ぎます。
そしてトイレにまたがり、すぐ降りて、
床に立って排泄します。


そういうの、止めておくれよ次男。
こだわりの男
次男、いろいろウルサイです。

パジャマはたんまんまんでなければなりません。
つか、普段着も、たんまんまんパジャマでなければなりません。
見えなければ気にしないのでなんとか助かってますが
保育園に行く直前に見つかると最悪です。

運動靴なんてもってのほか、
いつもの水色の長靴以外は、履いたら地球が滅亡するのです。
長靴を奪われたら地面を抱きしめて泣き叫びます。
別のものを履かされたら必死で脱ぎます。
地球が滅亡したら困るからです。

さらに、電車の音が聞こえたら
窓にかけよらなくてはなりません。
もし背丈が足りなかったら、
オトナに登らなければなりません。
オトナが洗濯物を干していようがなんだろうが
とにかく電車が重要です。

そして、世界の美しさは行列に凝縮されています。
オモチャは、並ばなければなりません。
母が手を出したりすると、これまた地球の滅亡です。
彼の美意識が満足するように並べないといけないのです。
例え、「もっと均等に」とか、そんな親切心であっても
オトナは手を出してはいけません。
地球が滅亡すると困りますから。

石は、できるだけたくさん手のひらに握りしめなければなりません。
これは、地球の滅亡を防ぐための重要な儀式です。
ただし、鉄棒とか滑り台とか、もっと大物を見つけた時は別です。

好きな食べものはひとかけら、最後に取っておきます。
ごちそうさまの直前にそれを口に入れ、
そのままキープして遊ぶのです。
これは、姉から引き継いだ聖なる儀式です。

母は自分の右に寝なければなりません。
左に寝たら地球が割れてしまう可能性があります。

風呂上がりの着替えの際も、慎重さが必要です。
まずはすっぽんぽんによだれかけをしなければ、
日本が沈没してしまうのです。
そして、彼がここぞというタイミングを見計らっているのに
それを無視して適当にズボンをはかせようとするオトナは
人類の敵に間違い有りません。
風呂で身を清めた以上、フルチンでまずは踊らなければなりません。
その儀式を行うことなくオムツをはけというのは
人類への背信行為に他なりません。
そのような逸脱行為は、断固阻止しなければなりません。


・・・次男、いいかげんにしてくれないか?
かぞくぐるみ
家族ぐるみのおつきあいってのは今あんまりありません。
昔からの友達は、子供ができて遊び方が変わって
子供の年齢がちょっとずれてることもあって
あまり濃いおつきあいしなくなっちゃったし
そもそも、夫婦どちらかのお友達としてのつきあいが長いと
どうしても「メインの友達+家族」って感じで
家族ぐるみ臭が出てこない。
子供の友達関係の人たちも、母親同士でコミュニケーション取るし。

そんな中で、現在ほぼ唯一「家族ぐるみ」な一家があります。
私たち夫婦の、どちらがより親しいということもあまり意識しないし
多分お互いに、少なくともこちらは、夫婦ともあちら一家のことが好きで
一緒にいると楽しいなぁと思うし、リラックスして会える人たち。

子供の年齢も上手い具合に絡み合ってると思う。
そして、長男のことも、彼にまつわる私たちのこともよく知っている人たちなので、
その件についてあまり気を遣わなくてもいい。

そんな一家が、週末ちょうどうちの近くに用事できてた時、
うちにも遊びに来てもらいました。
夫はここぞとばかりに「お客さんが来るから」「お客さん用」と言って
(普段買わない)本物のビールを山ほど買ってるし。
私は・・・なんもしてないな。てへ。
うちに呼ぶなら手料理を!と言ってると
だんだん来てもらうのがおっくうになりそうなので
まぁ、作れる時は作るとして、今回はほぼ全部買い食い。
えっと、来てもらうのがおっくうになると悲しいので
掃除状況もあんま普段とかわんないー。てへ。

普段のまんまの我が家でも、嫌われないと思ってるから
ついつい甘えてしまいました。

子供たちが眠くなったら布団敷いて、
長女なんて義父母エリアに行って寝てるし
それでもしつこく親軍団は飲み続けていたんだけどさ。
うん、ホントに楽しかった。

今回は、諸事情により泊まっていってもらえなかったんだけど、
次回は是非ともお泊まりコース(ただし住宅事情により雑魚寝)がいいなぁ。
風呂もトイレも汚くて(家はそんなに古くないんだが)申し訳ないけど
ほら、子供たち風呂に入れて寝かせて、安心してダラダラ飲みたいじゃん。
風呂にも入れず、半端にその辺で布団しいて寝かせて、
ぐっすり寝てるところを起こして帰るってのもかわいそうじゃん。

そんな時間を持てるのってやっぱり宝物。
また、みんな元気で集えるといいな。



余談ですが、うちの子たちは目元が夫に似てちょっと残念な顔ですが、
長女のまつげだけは長いのです。(これも夫似)
まつげは我が子のチャームポイント♪なーんて思っていたのですが、
このご一家のまつげが濃くて長いお嬢さんとくらべちゃったらもう。
密度も長さもボロ負け。たぶん、1/3くらいしか生えてない。

おまけにお嬢さんと次男は二人とも舌を出すのがブームで
暇さえあればあっかんべー顔で遊んでるんですが
次男は舌が私ににて相当短い上になんだっけ、スジが強くて舌がつき出せないのね。
私は昔、鼻の頭舐められる人がうらやましかったんだけど
きっと次男もいつかその気持ちは分かってくれると思うんだけど
舌のつくりもやっぱり、お嬢さんにボロ負け。たぶん、1/3くらいしか出せてない。

なんかこう、二人がかりでお嬢さんにボロ負けしております。きぃぃっ
平成生まれなのに、顔が完璧昭和だしね。仕方ないよね。うん。
ま、誰がどのように勝とうが負けようが実際はどうでもよくて、
眺めてると3者3様にキャラが違っていて、とても楽しかったです。

あの時一緒にあつまった、7人みんながずっとハッピーでありますように。
子供の顔
snap_chihiroblog_200811601621.jpg

長女と次男は、ほぼ同じ顔です。
長女の眉毛は普通で、次男の眉毛は困ってる程度。
あと、長女のほうがはなぺちゃ。

次男と夫もほぼ同じ顔です。
次男のほうがぴちぴちで、夫のほうは使い古しな程度。



私の顔って仲間はずれ・・・。




いやね、ペンタブを衝動買いしたので
無意味に「ペンタブ使ってみるぞ更新」でした。



”天丼”です

プロフィール

荻野 千尋

Author:荻野 千尋
イラストはさとログのさとさん作♪
なんかこう、ありきたりじゃなくブログに組み込みたいとたくらんでいたらずるずると日が経ち・・・。
気の利いたことをするのは諦めて、フツーにプロフィール画像にさせていただきました。

HNは、初めてブログをやったころ
長女がはまっていた
「千と千尋の神隠し」由来。

<育児ブログの枠に収まり切らない壮大なスケールのコメント・TBは傍若無人な管理人が削除しちゃうことがあります>

千尋
四捨五入40歳。
好きなもの:寝ることと食べること
嫌いなもの:法事
得意技:お腹を壊さない
苦手技:子育て
職業:期限切れ食品の整理係


千尋+2歳。
好きなもの:中島みゆきとPC
嫌いなもの:水泳
得意技:脳年齢20歳
苦手技:捜し物
職業:子どものおもちゃ

長女
顔の大きいのとお腹が出ているのと座高の高いのが自慢。
好きなもの:納豆・煎餅・氷水
嫌いなもの:トマトと果物
得意技:習字
苦手技:外遊び
職業:シンケンイエロー研究家

長男
プチ小脳の発達遅滞児。
現在彼の時間は完全停止中。
好きなもの:金属のチャイムと歌
嫌いなもの:遊んでくれない大人
得意技:横を向く。
苦手技:首をすわらせる。太る。
職業:お星様(1歳2ヶ月で転職)

胎児改め次男こと猿
三食昼寝付き冷暖房完備のぬるま湯極上生活を2006年秋に諦め、娑婆に出ました。
好きなもの:電車と飛行機とシンケンジャー
嫌いなもの:野菜
得意技:笑ってごまかす
苦手技:二度寝
職業:大人のおもちゃ

なかのひと

育児系ブログを無断リンク

いつか前を向ける日まで

宇宙語通信

思いつくままに~自閉症児との日々~

火星の中の地球人?

サナの落書き帳

申年生まれのてらりんるーむ

自閉症児とともに、気ままにおさんぽ♪

猪突猛進

蘖ゆ ~ひこばゆ~

+ぴなぴなひいな+

ぴんぴか子育て日記

ふたごっち

ふたごのおへや

ボ~ちゃんといっしょ

ラブリィ。サッキ~

プチ小脳の仲間たち

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。